華ちゃんのシール日記
華ちゃんと妹たちのシール日記
計算機へ

[--/--/-- --:--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

[2009/06/29 23:28] 超格差パーティー

某魔法士さんが、鍛冶士を育てるということで奉仕PLを行うためのパーティー編制を行っていた。
順番を間違えて苦労していたようなので、カンニング用のまとめ。

下がレベル10で、間に4人挟めば最大241まで届く
161からスタートで、105、201を誘う。PT構成は(161,105,201)となる
161が抜けて105が55を誘う(105,201,55)
105が抜けて201が241を誘う(201,55,241)
201が抜けて55が10を誘う(55,241,10)
55が抜けて完成(241,10)

間3人の場合は、210まで
105から170,55をさそって(105,170,55) 《間の人数の偶奇で誘う順番が逆になる》
105がぬけて、210を誘う(170,55,210)
170がぬけて、10を誘って(55,210,10)
55がぬけて完成(210,10)

考え方は簡単で、逆に考えればよい
たとえば、最初の例だと。。。
完成系が(241,10)ならば、この前の段階は10を誘える人がリーダーなので(55,241,10)
その前のリーダーは241を誘える人だから、(201,55,241)
以下同様。

公式にまとめると
- 人数が偶数の場合。"中の上"の人(上の4人の例だと161)から開始で、下上と誘う。
- 奇数の場合。中央の人から開始で、上下と誘う。

ちなみに、その日のうちに、その新鍛冶士は98まで育ったそうな
愛の力はすごいですね

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

total access:
uniq. access:
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

CATEGORY

LINKS

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。